ろかたりあん
★ -63- ビフォーアフター03 ★
 〜湖南市三雲のみなさん〜 
文面作成:2022 ⁄ 05 ⁄ 04
(最終更新:2022 ⁄ 05 ⁄ 04)


■ ろかたりあんメニュー ■
インフレーム表示のため、スクロールさせながらご覧ください。

 

--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■三雲で出会った彼らの今は

「三雲」については後程紹介するが、過去(2003年)にその地で撮影した「ろかたりあん」達がいる。他のページで紹介できていないが、Webサイトトップページの画像位なったことがある。今回彼らのその後が気になり、現地へ向かうことにした

今回はその結果を“ビフォーアフター”シリーズの第1弾第2弾に続く第3弾としてここにレポートする。単に「居なくなった」という話ではないので、少し期待してよい。
《第2弾へ 第4弾へ》


■三雲についての紹介

滋賀県湖南市西部にある三雲地区は「猿飛佐助のふるさと」といわれている。Wikipediaには「三雲佐助賢春が猿飛佐助のモデル」説が紹介されており、三雲氏の居城だった三雲城が同地区にある。

2003年に草津市から甲賀市(当時は水口町)方面へ車で向かう途中、この地で多数の「ろかたりあん」を目にしたため、何とか路肩に車を停めて3枚ほど画像撮影を行った。そこに写った彼らが今回の主役となる。


2003年当時は“単に撮影出来ればよい”だったので短時間停車で済んだ。今回は「ビフォーアフター」掲載を考え撮影アングルを当時と極力合わせるため撮影に時間がかかり、迷惑駐車となる可能性が高い。

よって今回は車での訪問を諦め、別途紹介予定の旧東海道散策も兼ねて、電車と徒歩で三雲へ訪れたのであった。2003年に見かけた彼らの下へ19年ぶりに向かったのだが、そこで待っていたのは…


《1箇所目》橋のたもと

1箇所目は、道路が川を渡るところ。橋の欄干から続くガードレールの支柱に、幼児風のろかたりあんが立っている。今回同じ場所をほぼ同じアングルで確認すると、大きく変化していることがわかる。

幼児クンが立っていたガードレールが彼ごと1スパン撤去され、横断歩道が新設されている。居なくなった彼に代わり、やや後方に女の子が立っている…のだが、こちらも相当の年数が経ったのか痛々しい状態。次の後継者が…と思うが、後方の交差点に信号機が設置されたこともあり、後継者不要となるのかもしれない。


《2箇所目》カーブ途中の合流点

2箇所目は右カーブ途上、左後方から道路合流する箇所のガードレール支柱にピ●チュウが立っている。こちらも1箇所目と同じように、ガードレールの一部撤去と共に姿を消したように見える。

残ったガードレールの支柱(ピ●チュウがいた支柱の1スパン後ろ)に後継の男の子がいるのだが、こちらも痛々しい姿になっている。ガードレール切れ目のため、ここは後継者が居て欲しい所である。それにしても、周辺は住宅も多く建ち、19年で風景も大きく変わってしまった。


《3箇所目》カーブ途中の怒涛の出現

ここは2箇所目より少しだけ東に移った場所で、右カーブは2箇所目より続いている。手前の男の子を先頭に多数の子供たちが登場するこの画は、現時点で当サイト旧URLの画像にも使用している。

再び同じ場所に立つと、前回撮影時にはなかったアパートが道路脇に立っている。住人と思われる方の会話が耳に入ってくるのだが、気にせずに路肩を見ることにした。ここも子供たちが居なくなっているようだ。ここには後継者もいないようだ。ただここに関しては、カーブの奥の方も確認しておきたい。というのは…


先の画像では写りが小さいため見過ごしてしまうのだが、手前に写り目立っていた男の子など3体に続き、奥のガードレールにも3体の子供たちが立っているのである。そこも含め現状と照合すると…

3体のうち真ん中の幼児風の彼が、当時のままで残っていたのである。これは嬉しい。おまけに、他の2箇所で見た後継2名より“痛々しさ”は少ないような印象だ。当時のろかたりあん達は全滅しているだろうとも思ったほどなので、残っていたことに感動を覚えた

これで2003年に撮影した3か所すべての確認が終わったため、任務完了としてJR草津線・三雲駅へ向かったのであった。



■世代交代となるのだろうけど

外で風雨にさらされ、材質も朽ちやすい木材であることが多い彼ら。やはり20年近くが経過すると姿を消してしまうのはやむを得ないのか。その中で生き残りに出会えるのは感動である

一方で19年前の彼らの遺志を引き継ぐ形で設置された“後輩”であるが、そちらも一部破損するなど、痛々しい姿になりつつあるよう感じる。先代がいなくなり、現世代も朽ちるとなると、安全を見守る後継者はいなくなるのかと心配してしまう。

新たに設置される場合は恐らく市販品になると思われ、その場合は材質がプラスチックや金属のため長く安全を見守ってくれるだろう。ただ私個人的には、没個性と感じてしまうのは贅沢だろうか

《第2弾へ 第4弾へ》


《前ページへ   topへ戻る   次ページへ》
-------------------------------------------------
ページ先頭へ  Finding top画面へ

Copyright 1999-2022 サイト管理人 うえの
850323