ろかたりあん
★ -62- ランドセルの季節 ★
 〜守ってあげたい原点〜 
撮影:2020 ⁄ 09 文面作成:2022 ⁄ 03 ⁄ 05


■ ろかたりあんメニュー ■
インフレーム表示のため、スクロールさせながらご覧ください。

 

--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■献血後の散策検討

予め断っておきたいのだが、今回の散策&撮影は9月に行っている。タイトルが「ランドセルの季節」となっているため、「入学時期での撮影」のイメージを持たれるのではと思っての“お断り”である。

レポートを書いているのが入学時期を目の前にした3月であり、子供たちの交通安全を願い、ランドセル姿の坊や・嬢ちゃん達の姿をお届けする。残念ながら(?)今回は他のレポートのようなインパクトのあるキャラはいないが、かわいい子供たちの姿に和んで頂けると幸いである。


この日は予約を入れていた、京都駅前の献血ルームへ向かった。うんざりするほどの暑さも9月下旬になるとさすがに収まり、併せてこの日は日差しも無かったことから、献血後に散策へ出ることにした

行くのであれば、やっぱり行ったことがないところ、そして飛び出し坊やがいそうな住宅が多そうな場所を狙いたい。献血が終わった後の休憩中、充分な水分(これ献血後に重要)を摂りながら、スマホのGoogle mapを睨つつおおよその行先とルートを検討したのであった。



■岩倉方面へ

検討の結果、京都市街地北部の岩倉方面へ向かうことにした。帰りに叡山電鉄が利用でき、献血後の体への負担も抑えられそうだ。京都の「碁盤の目」内では、“彼ら”を中々見かけないこともある。

もし途中でしんどくなったとしても、市街地という事でバスもタクシーもあるだろう。というわけで献血ルームを後にし、京都駅から地下鉄烏丸線の国際会館行きの電車へ乗り込む。下りる駅は「北山駅」であり、京都駅からは8駅目となる。所要時間15分ほどで、運賃は290円だった。


北山駅で地上に出ると、東西を通る北山通りと南北を走る下鴨中通りの交差点に出る。そこから府道を北上し、深泥池の脇を抜けて少々山を分け入った先に、目指した岩倉の住宅街が見えてきた

“京都の住宅”というと、所謂“うなぎの寝床”のような間口の狭い建物の密集を勝手にイメージしてしまうが、ここは“郊外の住宅街”イメージそのものである。この雰囲気なら“彼らも…”と期待した矢先に、既に本文上部で画像として登場している黄色いランドセルを背負った少年が視界に飛び込んできた



■ランドセルの子供達

「ランドセル姿の坊や・嬢ちゃん達を紹介する」と初めに書きながら、紹介にたどり着くまでが長く失礼した。ところで、彼は一人ぼっちなのだろうか。このご時世、不審者に狙われないかも心配になってくる。

そう心配しつつ道の反対側を見ると、黄色い服に赤い靴を履いた女の子が立っているのを発見。恐らくここまで、二人仲良く下校してきたのだろう。おじさんのようなあやしい大人に気を付けるんだよ。ところで、渋い茶色のランドセルを背負った彼女、先の彼もそうだが、顔がかわいく描けていると感じるのは私だけだろうか。


続けて赤い服を着た少女と、少し離れて緑色の服の少年を見かけた。二人ともランドセルの色は、最初の少年と同じ黄色である。少年の傍には横断歩道が無く、無事道路を渡れるか少し心配してしまう。

御経坂」の散策経緯もあり、“飛び出し坊やがいる近辺に学校あり”と推測した筆者。このすぐ近くに学校があるのではと思ったが、近くではなく1kmちょっと離れたところに小学校があるそうだ。関係ないが、近くに自動車学校(自動車教習所)があった。教習所へ通う方への交通安全啓蒙も兼ねて、彼らが立っているものと思っておこう(笑)。



■京都のランドセル事情

今回は「ランドセル」をキーワードにしてレポートを進めているが、京都府内(一部滋賀県含む)では、知る人ぞ知る「ランリック」も使用されている。画像でコ●ン君も背負っているのがそうである。

筆者は九州の学校だったのでランリックは使用していないが、現物は見ている。ランドセルより軽く、多少ラフに扱っても大丈夫な印象である。ちなみに今回散策の岩倉地区については実態確認してないが、学校HPの記載内容よりランリックではなくランドセルを使用されていると見受けられる。



■思ったより色が

昔はランドセルの色と言うと赤か黒が定番…というか、それしか選択肢が無かった記憶がある。今は多彩なランドセルがあることから、ここのろかたりあん達の“ランドセルの色”についても注視している

ここで整理しておくと、最初の男の子と3番目の女の子、4番目の男の子が「黄色」で、2番目の女の子が「茶色」であった。そして新たに見かけた女の子のランドセル色は2番目の子と同じ「茶色」…というか、服の色も同じだ。ひょっとして、同じ子?そう思って見比べてみたところ、髪型の一部や顔の雰囲気が少し違っているように感じたが、皆さんいかがだろうか。


そして出会った、6番目の女の子。ランドセル色は茶色で、これで黄色と茶色が同数となった。この先は残念ながらランドセルっ子を見かけることはなく、ランドセル色は黄色と茶色のみで確定となった。

ランドセル色が2色だけなった理由を想像してみたが、作成者の色の好みなのだろうか。赤や緑の服もあったことから、単なるインクの色不足ではないだろう。学校等のランドセル色指定など様々なことを考えたがいずれも確認の術が無く、色の理由については追求せずランドセルっ子の観察を終えることにした



■春の交通安全運動へ向け

4月には小学校も新1年生を迎え、特に住宅街では大きなランドセルを背負って元気いっぱい登下校をする姿に出会う機会が多くなる。 4月だけに限らないが、当たり前ながら特に子供が飛び出しそうなところでは、いつでも停車できる心づもりとスピードで運転を行いたい




《前ページへ   topへ戻る   次ページへ》
-------------------------------------------------
ページ先頭へ  Finding top画面へ

Copyright 1999-2022 サイト管理人 うえの
850332