ろかたりあん
★ -60- 滋賀にこの人あり ★
 〜飛び出しはステージにて〜 
撮影:2021 ⁄ 06 文面作成:2022 ⁄ 01 ⁄ 01


■ ろかたりあんメニュー ■
インフレーム表示のため、スクロールさせながらご覧ください。

 

--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■滋賀出身の人物

まずはレポートに入る前に、タイトルに関連して滋賀県出身者Wikipediaで確認してみよう。他でも一緒かもしれないが、文化人や公人、実業家や芸能人など、思った以上に人物名が挙げられている印象だ。

ただ、メディアに名前が出る芸能人で、滋賀県出身であることを表に出している方が多くない印象を受けているのは筆者だけだろうか。もしかすると、“都道府県民なんたら”(謎)の番組を見ていない筆者が悪いのかもしれない。


そんな筆者も滋賀出身有名人として認識できているのが、皆もご存知のミュージシャン「西川貴教」氏である。今さら彼のご活躍をここに挙げる必要も無い…というか。挙げるのが恐れ多い気もする(笑)。

そんな彼の飛び出し坊やを作成された方が、滋賀県彦根市に居られるというニュースを2020年6月に目にした。滋賀の方が、滋賀出身の西川貴教氏をモデルに滋賀発祥の飛び出し坊やを作成してくれたなんて…。1年遅れであるがその「作品」を拝見するため彦根市へ向い、そのレポートをここにお届けする。


場所はJR琵琶湖線の稲枝(いなえ)駅より3kmほどの、彦根市稲枝町のビッグウエストという自動車整備工場。近隣の方の迷惑にならないよう、昼食購入のコンビニに車を停め、徒歩で現地へ向かった。

ちなみに、コンビニから整備工場(店舗)までの距離は1キロ半ほど。筆者としては大した距離ではないのだが、途中行程が“田んぼの中の何もない一直線の道路”であったためか、不思議と精神的に遠く感じたのであった。風景に飽き始めた頃、田んぼ越しに目的の店舗が見えてきた。



■タボくん4体

長く感じた田んぼの中の直線道路に別れを告げ、店舗前を通る道路へ折れる。すると道路を挟み、計4体のタボくん飛び出し坊やが出迎えてくれる。なお、『タボくん』は、西川貴教氏の愛称である。

手前で待っていた1体目であるが、着ている衣装は彼がボーカルを務めた「T.M.Revolution」のヒット曲『White Breath』(1997年10月)のものだという。筆者は衣装は覚えておらず申し訳ないのだが、曲は好きで当時よりよく耳にしている。なお、彼の反対側(裏側)も同じ衣装となっている。


そして店舗前を横切った先に、2体のタボくんが並んで立っていた。黒い帯状の衣装は『Hot Limited』(1998年6月)、赤い衣装は『Burnin' X'mas』(1998年10月)のものである。共にインパクト大である。

前者については海上に設営されたステージで彼が歌うMusic Videoが印象的だが、某歌番組でMCのダウンタウンより「琵琶湖で撮影しただろう」とツッコミを入れられてたのが個人的な記憶に残っている。飛び出し坊やとは関係ないのだが、滋賀県ということで…。


最後に、道路を挟んだ反対側にいる1体。足に「VOTE」の文字と、肩に滋賀県章が描かれている。これは“ふるさと滋賀県をまわるライブ「LIVE REVOLUTION '21-VOTE-」”のものだろう。

最後の“ふるさとライブ”もそうだが、ここ数年はCOVID-19で中止となったがイナズマロック フェス開催など、滋賀県を盛り上げてくれる彼の行動力には脱帽ものである。と、気が付けばレポートが「飛び出し坊や」ではなく、「西川貴教」氏がメインになってしまっている。ライブでの直接的な応援ができない分、ネットの片隅ではあるが応援の声を届けたいと思う。



■近くの集落へ足を延ばす

せっかくここまで来れたこともあり、お店の方にお声でも掛けようかと思ったが、お仕事中という事もあって断念。同店舗を離れ、近隣に他の飛び出し坊やがいないか足を延ばしてみることにした。

Google mapで確認すると、先程歩いた“田んぼの中の直線道路”の先へ更に進むと、ちょっとした集落があるようだ。公園もあるようなので、1体ぐらいは飛び出し坊やが居てるのではと勝手に期待し、その集落へ向かうことにした


この集落には、“飛び出し坊やの神様”が居られたようだ。と言うのは、人家の玄関口にボールを蹴りながらの「飛び出し“嬢ちゃん”」を発見できたからだ。反対から見ると、“チラ見”風でかわいい。

嬢ちゃん発見に気を良くしたが、その後は公園近くまで歩くも、残念ながら“嬢ちゃん”以外を見かけることはできなかった。コンビニを出てそこそこ時間が経ったこともあり、ここで踵を返すことにしたのだった。



■最後に焦るも満足

“嬢ちゃん”集落からコンビニまでは2キロ近くあるのだが、運悪くトイレに行きたくなった。途中で用を足せそうな場所もなく焦ったが、最悪の事態に至る前にコンビニに戻ることができ助かった。

レポートは以上である。文末となるが、ふるさと滋賀のことを思い、飛び出し坊や作成にも快諾されたという西川貴教氏の今後の活躍と成功を祈念したい。彼の飛び出し坊やを目にすることができ、満足の一日となった。





《前ページへ   topへ戻る   次ページへ》
-------------------------------------------------
ページ先頭へ  Finding top画面へ

Copyright 1999-2022 サイト管理人 うえの
850332