ループな道♪

レインボーブリッジ
−東京都港区−
訪問:2003 ⁄ 12 ⁄ 04、2001 ⁄ 10 ⁄ 12
文書作成:2022 ⁄ 04 ⁄ 23


◆概要◆
おなじみ、東京湾のお台場へ渡る橋。
橋へ通ずる、一般道及び新交通システムの
芝浦側の高度確保へループが設けられている。



◆他のループを見る◆

▼地域等を選択してください▼
北海道、東北関東
新潟、長野、山梨北陸、東海
近畿中国、四国
九州、沖縄ミニループ、番外編

 
--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■今更紹介不要だが値だけ

改めての紹介は不要と思われる、東京都港区の芝浦から台場を結ぶ吊り橋『レインボーブリッジ』である。2003年公開の『踊る大走査線 レインボーブリッジを封鎖せよ』映画や、お台場に本社があるフジテレビの画像を通じ目にしている方も多いだろう。

また同橋については首都高速道路株式会社のページにも紹介されているので、ここで同橋の内容を深堀するのは割愛する。Wikipedia記載情報も含め、以降のレポートに関係しそうなものだけ挙げておく。

 ・併用年月:1993年8月
 ・橋長:798m
 ・塔の高さ:126m
 ・桁の高さ:52m

橋は首都高と一般道の上下二層構造となっており、一般道と新交通システムゆりかもめが並走していることから、鉄道道路併用橋にもなっている。50m超の橋桁へのアプローチのため、橋の芝浦側がループになっている。今回は、その部分の訪問レポートをお届けする。


おなじみの雄姿
対岸にループ見える

ループ周辺の地図
全景撮影は何処から?

一般道歩道を進み
全景撮影場所探る

■橋への2回のアプローチ

そんなレインボーブリッジであるが、関西在住の筆者にとっては気軽に迎える場所ではなく、東京方面への用件がある時に“ついで”として向かうしかない。

最初に機会が訪れたのは、2001年10月。芝浦界隈での要件が16時台に終わり、近くの国道130号を訪問したうえでレインボーブリッジまで向かったが、時すでに17時台後半となり、10月ということで日暮れも早く無念の時間切れ。ループ下から全景のパノラマ撮影をし、帰路についたのであった。

次の機会は、2年後の2003年12月に訪れた。前回と同じく日は短いものの、嬉しいことに用件は午後から。午前中早めに東京へ入り、レインボーブリッジ訪問のリベンジを果たすことにした。以降は、その時のレポートとなる。

新幹線で東京入りした筆者は、東京駅から新橋駅まで移動し、ゆりかもめの乗客となった。今回は車がないので、ループ走行は同ループを車と共に走行するゆりかもめに頼るしかないのだ。あと、車窓越しに“ループ全景撮影場所”を観察する必要もあるのだ。


ループ全景
橋主塔付近より撮影

ゆりかもめからの
ループ走行撮影

■全景撮影はやはり橋から

ループ訪問の度に、悩ましいのがループ全景撮影の場所選びである。ループ近辺には高層の建物が多いのだが、ほとんどがビジネスタワーであり、ループ撮影目的での立ち入りは一般常識的に困難だろう。

幸い“東京”ということもあり、少し距離があるが、高層ビルより高い「タワー」が2つもある。一瞬期待を持てそうだが、周辺の建物が邪魔をし期待できないようだ。現に東京スカイツリーからの画像で検証したが、残念ながら建物の影になりループは写っていなかった。

ゆりかもめでは先頭車両の一番前に陣取りし、他の乗客の視線を気にせずループ走行時に画僧を撮影。その時にレインボーブリッジの歩道を発見。歩道から撮影ポイント探しができるのではと期待し、台場へ渡った先の駅「お台場海浜公園」で下車し歩道を目指して歩いた。

歩道は海上を道路と並行して渡った後に、芝浦側の主塔にあるエレベーターで地上に降りるのだが、その主塔付近よりうまい具合にループ全景が拝めるのだ。少し横長な画像になるが、贅沢は言えない。限られた時間内で満足する画像を得られ、「芝浦ふ頭」駅からこの日の目的地向けて再びゆりかもめに乗車したのだった。


ページ先頭へ  ループな道♪top画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2022 サイト管理人 うえの
850321