ループな道♪

えびのループ
−宮崎県えびの市−
訪問:2000 ⁄ 01 ⁄ 06、2003 ⁄ 04 ⁄ 30
文書作成:2019 ⁄ 10 ⁄ 20


◆概要◆
熊本県人吉市との間、国道221号上にある
ループ。県境の加久藤峠と麓の高低差を埋める。
ループの約半分がトンネルとなっている。



◆他のループを見る◆

▼地域等を選択してください▼
北海道、東北関東
新潟、長野、山梨北陸、東海
近畿中国、四国
九州、沖縄ミニループ、番外編

 
--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■「ループ推し」にさせた場所

「ループな道♪」トップページにも記しているが、ここで紹介する「えびのループ」は別に紹介する「人吉ループ」とともに、筆者に“ループな道”の夢を与え、“ループ推し”(笑)にさせた場所である。

ループを通る国道221号は、熊本県人吉市から県境を越え宮崎県えびの市、小林市を経由して都城市へ至る国道である。昔は県境で「加久藤峠」(標高720m)を越えていたが、狭く曲がりくねった道であったことから道路改良が行われ、その一環より本ループも建設された。詳細は「人吉ループ」ページに譲りたい。

えびのループは加久藤峠の南側、峠から盆地への高低差を二重ループで解消している。盆地からはループの一部が山裾をぐるりと回る姿を一望でき(本ページ下部の全景画像参照)、筆者の昔からのお気に入りの風景でもある。ここがなぜ筆者が“ループ推し”になったのか触れておこう。

触れるといっても、既にトップページに記しているのだから重複になってしまうわけだが(汗)。トップよりもう少し詳しく書くので、おっさん筆者の昔話に少し付き合ってもらえると嬉しい。


二重ループと
内側の旧道

筆者思い入れの
旧道が見える

時代と共に
賑わいも減った

■半世紀近く昔の思い出

筆者が小学生の頃に宮崎県に住んでいたが、現在は福岡から宮崎を経て鹿児島を結んでいる九州自動車道(九州道)は全通しておらず、福岡から熊本市を通過しその南側にある「御船IC」(熊本県御船町)で途切れ、宮崎までつながっていなかった。よって宮崎より九州道を利用するには、御船まで一般道を利用することになる。

筆者が小学校高学年の頃、父親のお供で車にて県外に出ることが数回あった。前述の通り九州道を利用するため御船まで一般道を利用するのだが、コースはほぼ一択となる。それは、えびの市から国道221号で人吉市へ出て、国道219号を経由し国道3号と進むルートである。このルートで少年だった筆者に難関となったのが、山越えの人吉・えびの間であった。

幸いなことに、この時点で既に「加久藤トンネル(約1800m)」と人吉市側の「人吉ループ」は開通済みであった。しかしえびの市側は改良途上であり、加久藤トンネルの手前まで狭くカーブ連続の道を通らざるを得なかった。そのため、この区間で筆者は乗り物酔いする一方、道路傍のバイパス(ループ)工事完成を期待していた。「あれができれば酔わずに済む!」

というのも、えびの側で酔いの苦痛を味わった筆者は、峠を越えた先にある人吉ループでループの効能(酔わずに山道進める)を実感していたからだ。それだけに、昭和53年にえびのループが開通したときはすごく喜んだことを覚えている。「ループ様様」であった。


ループ全景画像
筆者お気に入り

ループを走行
加久藤峠目指す

■感動の地も通行機会無く

大人になった筆者は就職で実家を離れたが、帰省時には本ループのお世話になっていた。ループは交通量が多く、途中にドライブインがあって賑わっていたことを記憶している。ループ上部にある展望エリアにも、ループを一望しようと車が多く停まっていた。しかし1995年に人吉・えびの間を結ぶ九州自動車道が開通し、交通の流れが変わってしまったのだ。そこも「人吉ループ」ページで触れる。

ループ訪問は九州道開通後の2000年や2003年だったが、意外と交通量があるように感じた。九州道の長大トンネルで危険物運搬車が通行できないため、該当車を中心に一定のループ需要があるのかもしれない。

その訪問時に、営業をやめたドライブインが目に入った。一定のループ需要があっても全体的には交通量は落ち込み、ループ周辺も寂れていたということだ。これも時代の流れと理解するしかないか。

ループ全景撮影であるが、構造上の理由(半分近くがトンネル)から全周を眺めるのは早々に諦め、麓からと展望エリアからの画像で良しとしている。そして懐かしい、ループ走行に入る。

走行時に山肌を見上げると旧道のガードレールが目に入り、ループ開通を待ちわびた少年の日と、開通時の喜びを思い出した。思い出の余韻に浸りながら、感動の地を後にしたのだった。


ページ先頭へ  ループな道♪top画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2022 サイト管理人 うえの
850332